松坂牛お役立ちガイド

松坂牛の定義と特徴についてまとめています。手塩にかけて育てられた牛は世界ブランドにもなっています。

off
2017年5月28日

松坂牛とはどのようなものを指すのでしょう?

日本は牛肉がおいしいところですね。

中でもおいしいお肉の代名詞として多くの方がまず頭に思い浮かぶのは松坂牛ではないでしょうか。

松坂牛のみを取り扱う特選松阪牛やまとのような専門店もあり、人気の高さが伺えますね。

ではこの松坂牛、どのようなものを松坂牛と呼び、そしてどのような特徴があるのかご存知でしょうか。

「おいしい肉」ということはわかっていますが、細かいことはあまり知らないという人が多いようです。

ここでは、松坂牛の定義や特徴についてまとめています。

【松坂牛の定義】

松坂牛というと、三重県の松阪市産の牛肉と思っている人が多いですね。

松阪市限定ではなく、旧22市町村と旧松坂牛生産者の会会員が生産区域であること、松坂牛個体識別管理システムに登録された黒毛和種、未経産の雌牛であること、肥育期間が生産区域で最長、最終であること、牛肉枝肉格付けをするなどの条件を満たして出荷されたものが松坂牛と呼ばれると決められています。

【松坂牛の特徴】

松坂牛の特徴は、深みがあって上品な香り、柔らかな肉質ときめ細かい霜降り、脂肪が溶け出す温度が低く、舌触りが良くて胃もたれしにくいです。

また、牛は食欲増進のためにビールが与えられ、焼酎でマッサージするなど独自の方法で手塩にかけて育てられます。

一頭一頭に部屋を与え、牛が快適に過ごせるような環境を生産者は作っています。

【国際ブランドにも】

松坂牛は全国で支持されている牛肉ですが、ここ数年では外国の人たちからも絶大な支持を得られるようになり、国際ブランドにもなっています。

生産者たちの大変な努力が、世界一の味と言われる松坂牛を作ったのです。