不動産を担保にしたローンの借り入れについて

大手、または地方銀行でローンを申し込む時、大手だからとか、地方銀でも経営が堅いからと、信頼してはだめである。

所詮、金貸しである。

こちらの状況に親身になってくれているようなことを言ったり、何とか力になりましょうなどと、優しい言葉で協力的な態度を見せるが、向こうは商売で、金を貸して金利を儲けようということだけ考えてやっている。

銀行系でも、ローンを申し込むと、当然、担保を要求してくる。

家や土地のような不動産であることが一般的であろう。

では、不動産を持たない者には貸さないのか?

そうではない、担保物件となるものを持たなくても、金は貸そうとする。

金を貸して金利が儲かれば、向こうはそれでいいのだ。

その場合、ほとんどが連帯保証という制度を使い、「複数の人で借金を少しずつ保証してください」などと言って金を貸すのである。

ほとんどの人がここで間違えを起こす。

連帯保証という制度は、金を貸す側に都合のいいように作られた制度であることを知らないのだ。

もし、主たる借入人が返済不能になったらどうなるか。

本人が死去したり、破産した場合など、貸した側が本人から取立てができなくなると、残りの保証人に全額(人数割りではない)を請求できるのである。

これを連帯と言っている。

もちろん、その制度を調べもしないで借りたり、保証したりするほうも悪いのだが、貸す時には銀行側はそんなことは詳しく説明しない。

しかも、貸した金が返ってこないリスクを承知で、とりあえず金利を取れればいいといったやり方で、貸そうとするのだ。

それはなぜか?

銀行は担保をとったところで、儲かりはしないし、貸した金額以上で不動産がさばけるわけではない。

ここに、もうひとつ、金貸しの手立てがあるのだ。

それが銀行側が使う保証制度だ。【参考:不動産担保ローン | 不動産担保融資・不動産担保ローンの明治アセット株式会社

借り入れをするとき、担保以外に保証金を払えと言う時がある。

借入金の数パーセントを保証会社や保証協会と言った機関に支払い、保険をかけるのだ。

この保険は、もし銀行が貸した金が回収できなかった場合、保証会社が銀行に保証する。

保証会社は、保証金を取ることでリスクを背負うが、事故が無ければ保証金は丸儲けなのである。

このように、貸す側は事故があっても何も痛くは無いのである。

貸す側はリスクを背負わず貸そうとするのであるし、担保だの保証人だの問い言った制度は、貸す側が考えた貸す側が有利な制度なのだから、間違っても銀行を信用して、助けてくれるなどと勘違いしてはいけないのである。